なぜ外壁の雨漏り修理が必要なのか。~疑問や不安を解決~

雨漏りは屋根だけではない!外壁からの雨漏りとは

雨漏りの原因は住宅の屋根とは限りません。外壁のひび割れから雨水が入り込んで、天井に大きなシミを作ることもあります。とても小さな隙間からでも、雨水は入り込んでしまうので、どんな住宅でも雨漏りの可能性はあります。

壁自体が損傷している
住宅の外壁自体が破損して、大きな亀裂がある場合は、そこが原因で雨漏りすることもあります。特に、シーリング材の劣化により、雨水が流れ込むことで、外壁の劣化速度を早めることになるでしょう。放置していると、住宅自体が傷んでくるために、早急に雨漏り修理を行なって、亀裂やひび割れのない外壁にすべきです。
外壁に使われている素材が劣化している
外壁にはサイディングやレンガなどの素材を使用している家庭が多いですが、使われている素材の劣化でも雨漏りは発生してしまいます。素材が劣化することで防水性が低下するので、定期的なメンテナンスが大事です。外壁に防水加工をしても、塗料の耐久年数は約10年ですので、10年以上経過したら雨漏り修理が必要になることもあります。
自然災害(台風など)
雨や風から守ってくれる外壁ですが、台風のような強烈な風や雨が長時間吹き付けると、屋根と外壁の境目から雨水が浸入してしまうこともあります。外壁は上から雨を想定して作られているために、横から打ち付けるような雨には弱いのです。台風時に雨漏りしたり、天井にシミができたりしたときは、屋根と外壁の境目を雨漏り修理すると良いでしょう。

外壁の雨漏り修理はプロに任せれば安心!

雨漏り

雨漏り修理は、自分で行なわずにプロの業者に任せることが常識です。雨水が浸入している箇所を特定するのは、とても難しく危険な作業になります。2階部分の外壁をチェックしようとして連絡事故が発生するケースもありますし、経験と知識がないと浸入箇所を探し出すことが困難でしょう。また、自分で雨漏り修理を行なうことで、新たな侵入経路を作ってしまい、余計に雨漏りが酷くなることもあります。そのため、費用がかかっても、プロの業者に依頼して、雨漏りしない住宅にしましょう。

雨漏り修理に関する疑問

業者に依頼して修理をする場合、事前に疑問を解決しておくといいかもしれません。特に初めて雨漏り修理を依頼する方は不安の解消にもつながるでしょう。

外壁の雨漏り修理にはいくらぐらいかかりますか?
外壁の雨漏り修理は、損傷している箇所、腐食や侵食の状況によって変動します。コーキング材の劣化を補修するだけなら数万円程度で行なうこともできます。しかし、複数損傷していて、内部まで腐食してしまっているケースは外壁工事が必要なので100万円以上の費用が必要になります。
雨漏りの修理をする時に足場を組むのでしょうか?なぜ足場が必要なんですか?
外壁の雨漏り修理では、足場を組んで作業を行ないます。足場を組むことによって、手が届かい高所でも作業ができるので、安全に外壁塗装を行なうことが可能です。しっかりと雨漏り修理を仕上げるためにも足場は重要になります。
雨漏り修理の相談や見積もりはどこに聞けばいいですか?
雨漏り修理の相談や見積もりは、家を建てた施工業者に連絡しましょう。もし、築10年以内なら、瑕疵保証制度によって、無料で雨漏り修理を受けることができる可能性もあります。
築10年を過ぎている住宅は、近所の修理業者に連絡してもかまいません。どちらにしても、時間に余裕を持ち、早めに連絡することが大事です。
TOPボタン